FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服の3要素は、見栄え・機能性・プライオリティの3つ

服を評価する基準は細かく分ければもっとあると思うが、この3つであると考えている。
例えば、「生地」と言ってしまうとちょっとどういうものなのか分かりにくくなる。
見栄えにも質は反映されるし、機能性にも反映される。
ということで非常に大きな3概念であると考えて頂きたい。

見栄え
見栄えについては単純明快であろう。
TPOのそぐう範囲内で見た目は良ければ良い方がいい。
中でも見栄えを決めるのは、①体型を補正してくれる②内面を補正してくれる、この2つであると何度か述べてきた。
「キレイ目って言っても2種類ある」「もしロング丈アウターが流行るならモッズコート」「ロールアップはお坊ちゃまっぽくなりやすい」←この記事の結論

機能性
機能性というと非常に語弊がありそうであるが、洗濯への強さ・肌触り・雨への耐性の高さ等以外にも、「使える状況が広い」というのも機能性の1つとなる。
つまり、見るからに高級そうなものであれば高級なところに対応できるし、また、セールで買った安物の服であれば汚れるようなことをするときにも着ることができる。
どちらも「使える状況が広い服」であると思う。

プライオリティ
今回、文字数を長めにとりたいと思うのがこちら。

まず、プライオリティとは、どういう意味なのか。
プライオリティの日本語訳はプライオリティであり、うまい日本語訳がないと思うのだが、ネットで調べる限りであれば優先という意味合いが強いらしい。
確かにディズニーランドでのレストランでも、リザーブシートではなく、プライオリティシートとなっている。
あくまで優先順位が高いというだけの話であって、その時間その場所に行けば必ず席が空いているわけではないからだ。

つまり、プライオリティとはなんとなく「権威」だとか「ブランド価値」だとか思われやすいが、あくまで優先というのが基本的な意味となると思って頂きたい。
非常に雑な言い方をしてしまえば、先にあるものが偉い、という考えであると言っていいだろう。

この先にあるものが偉い、というのに嫌悪感を示す人は多いと思う。
結局権威主義的じゃんと。
結局18世紀ぐらいから脈々と受け継がれているブランドを持て囃しているだけじゃんと。

そういった人に対して言いたい内容がある。
まず有名なこちら。
アディダスとアジデスである。
13jl11d2.jpg
baka-t-com_t-122.jpg
ウケ狙い用途でなければ絶対にアディダスのほうがいいはずである。
(こんなネタTシャツの時点で多分品質もアディダスよりも劣るのだろうが、もしも同品質とした場合も)見栄えと機能性に差はない。しかしながらプライオリティに差が出てきているわけである。
ウケ狙いをしたい人以外であれば100人中99人がアディダスを選ぶだろう。

ブランド以外にも、素材的なプライオリティもある。
例えば、本革合皮。なぜ本革のほうが良いとされているのだろうか。
この質問に答えられる人はあまり多くないと思う。(リアルレザーのほうが耐久性が低いものの、使える期間と値段のバランスはとれている。)
また、ジーンズの色落ち(アタリ)についても、なぜ良い色落ちと悪い色落ちが存在してしまうのか。
理由は簡単であろう。本革が先に登場したからであるし、リーバイス501を穿いた当時の労働者の色落ちが至高とされているからである。
もしも本革というものがこの世界に存在せず、ジーンズについても色落ちさせずに穿くのが良い文化とされたのであれば、かなり経済的に楽なファッションができていたはずである。
本革の何がいいのか、ジーンズの色落ちの何がいいのか、これらについては理由はあってないようなものであると思う。
「良いとされているから良い」

最後に
最近めっきり寒くなって明らかに睡眠時間が伸びた。
それどころかこの時間でさえも眠い。
文章的に稚拙なところや強引な点があったら申し訳ない。

以上のような理由から、松竹梅でいうところの竹ぐらいの服が好きではない。
プライオリティを求めるのであれば松の価格帯の服を選べばいいし、使える状況の多さを重視するのであれば(汚れてもいい時や謙遜をしないといけない時には)梅で良いと思っている。
竹の良い点は、ほどほどの値段でちょっとした満足感が得られるだけである。無い袖は振れないのは誰しも知っていることなので、現在竹ぐらいの値段の服を買っている人を悪く言うつもりはないが、よくよく考えると費用対効果がかなり悪いと気付かされる。
ちなみに、非常に雑なことを言ってしまうと、松の中心は百貨店ブランド(DCブランド)、竹の中心は有名セレクトショップオリジナル、梅の中心はユニクロであると考えている。
ということで明日以降は竹であるセレクトショップの話をできたらいいなと思う。
スポンサーサイト

コメント

竹を早いサイクルで買い換えるスタイルはどうでしょうか?使用頻度が高いと松とはいえクタってきます
新しい竹のが見栄えが良いような。
費用対効果としても松は竹の2倍強以上の値段ですし、悪くないかと

No title

田舎に住んでる自分はウケ狙いにもウエイト置いてるから間違いなくアジデス選んじゃうな
ダサいものをちょい混ぜするって事に閃いてからは自分のなかでのオサレはぐっと広がった気がしてる
BMの言う3つとはちと話がずれたけど自分なりには楽しんでる

No title

 さん:
その考え方はかなり洋服選びがシビアになりがちになると思います。
竹の中心となるのは有名セレクトショップの中庸価格のモノになると思っているのですが、結構当たり外れが大きいと思ってしまいます。
きっちり見極められないと、値段は松に近いのに質は梅と同等なものを引きやすいかなと。
また、松を買うのはプライオリティ重視だからというのもありますね。

ユンカース;
それがいわゆる「ハズし」やで(´・ω・)
俺のブログだとそこらへんを全部総合して抑揚を作るって言ってるけど(´・ω・)
非公開コメント

プロフィール

BMW乗っててつれーわ

Author:BMW乗っててつれーわ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。