FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小物③第2群:機能性のあるもの

特に語る内容の多くはないこの2群。
必要ならば付け、必要でなくなれば外せばいいと思う。

・帽子
・マフラー(含め首に巻くもの)
・手袋
・マスク


メリット
前回記事でかなり触れた部分であるのだが、必要があるから付けてます感を出すことができる。
小物②第1群:それ自体に機能性はなくいわゆる世間でアクセサリーと言われやすいもの
ということで、「あいつ気合入りすぎててワロタ」みたいな陰口は叩かれにくい。

また、それなりに普遍性の高いアイテムに関わらず、世間の人はそこまで良質なものを持っていない(つまり見ていない)ということであまり効果なものをチョイスしなくとも問題ないという点も大きい。
余りにも安っぽい服であるのにヴィトンの財布をケツポケに挿してる高校生は見ても、マフラーだけハイブランドというタイプがいないことからもそれは明らかであろう。

そして最大のメリットであるのが、手袋以外のアイテムは顔周辺を覆うことにより顔に対してプラスの補正をかけることができる点である。
これについては、小顔効果がどうこうと主張する人もいるが、私はそれだけではなく顔に陰影がつくことにより、よっぽど顔が濃い人を除いてはイケメンと言われやすい顔に近付くのではないかと思っている。


デメリット
機能性があるということで、つまりその機能性の必要のない場面では外さないといけない。
着脱の面倒さ、無くすリスクといった所帯じみた内容以外にも、ファッション的なデメリットとして、外した場合の落差があるかもしれないという点がある。
特にマスクの時にこれは明らかなのだが、人はなぜかモノが隠れている場合にそこを勝手に補正して想像してしまう特性があるようである。(金田一少年のトリックにもあったが。)
ほぼ全ての日本人においては、鼻や口(顎や輪郭も)を隠せばかなりの補正効果があるのは事実であるのだが、だからこそ落差は広がる。
f129f48f938ad9b8103f055c5bc862e99049e9dc1417199813.jpg
どういった相手を対象として、どういう効果を狙って小物を使うかは人それぞれであろう。
しかしながら、落差があるという事は常に念頭に置いておくべきだ。これはマスクだけでなく、帽子やマフラーにも当てはまる。


自分で買う必要があるのだろうか
このブログは、読者の皆様に対して喧嘩を売るような意図はないため、正直あまり言いたいことではないのだが、ぶっちゃけ彼女いたらこれらのモノって持ってるのではないのか。
電通及び日本企業は様々な努力で「親しい人にプレゼントをあげる日」を制定しており、カップルであればそういった時に贈りやすいのがこういったファッション小物である。
比較的効果なものを選んでも10000円、安いものならば2000円前後で買え、ちょっとしたプレゼントとしやすい。
(個人的にはこういうプレゼントの日は年1にする代わりにドバッと大きなものを贈り合った方が有意義だと思う。スタッドレスタイヤとかノートパソコンとかそういう役に立つ大味なものが欲しい。)
ということで、既に持っている人も多いと思う。
色味の関係などもあるのかもしれないが、(立場上)貰ったものがある人はそのまま使うべきだ。

また、今現在持っていない人はそういった親しい相手に貰えるための空きスペースのようなものだと考えてもいいのかもしれない。
空きスペースを作っておくことにより、相手にプレゼント選びを楽させることもできる。サイズ展開がほぼ無く、とりあえずデザインと色にだけ拘っておけば大外れしない点もメリットの1つである。(逆に言うとサイズの難しい服をプレゼントされる展開にならないように立ち回ろう。)


帽子
青春とはあの白い球であり、空の果てまで飛んでいかせた元野球少年であった私であるが、帽子はどんな形状であっても好きではない。
以前冗談で、自分が帽子を被るなら周囲に自分がハゲていないかを確認させてから被る、と書いたが実際その通りでハゲ隠しという目で見られかねないのが嫌なのである。
当然の事ながら、室内に入ったら帽子はとろう。面倒な大学教授にありがちな「脱帽しないのは失礼だ」とかいう理由だけではなく、不必要なものをわざわざ不必要な場面で着用すること自体がファッションとして不適切であると思う。二度言うが、室内に入ったら帽子はとろう。
ということで、帽子をとった状態を他人に見せるわけなのだが、この場合帽子をとった状態に気を使う必要が出てくるわけである。
これが非常に面倒である。ワックスをつけていても帽子を被れば髪型が潰れることも明らかである。ダルビッシュによれば、帽子の中用のワックスというものがあるらしいが、いずれにせよ下手に帽子を被れば髪型は乱れる。(だからこそ私はバイク嫌いである。ヘルメットをつけたくない。)

本当のファッショニスタであれば帽子をとるタイミングでトイレに行ってワックスをつけるという事をしたり、そもそも生まれ持った髪質次第なのだろうが、万人にとって帽子というものは全般的に脱いだあとのことまで考えるとオススメできるものではない。


マフラー(含め首に巻くもの)
帽子ほどキメすぎ感が出ず、サラッとつけられるのが首に巻くもののいい点である。
服については、単色無地を選びがちな人が多いであろうと思うし私もそれでいいと思っている。
が、マフラーについてはある程度柄が入っていたり色が鮮やかであっても問題はないと思う。
マフラーの色のチョイスの仕方についても各々で拘りがあると思うのだが、個人的には着ているアウターの色と一致させないほうがオシャレに見せやすいと思っている。
ということで、冬に絶対アウターにしないような鮮やかなパステルカラーといった選択肢もあるのだが、それはそれで難度が上がると思うので個人的なオススメはこういったバイカラーのもの。
9416749_18_D_500.jpg
黒のアウターを着ている時には灰色の面を出すように巻き、灰色のアウターを着ている時には黒の面を出すように巻くことができる。

マフラーの最大の利点は顔が小さく見えるという見栄えの点にあるのではなく、むしろ機能性の問題にあると考えている。
読者諸君がどういったアウターを持っているか不明であるが、おそらく大体のアウターは首元までピッチリボタンを止めるようには作られていないのではないだろうか。正しく言えば、首元までボタンを止めることはできても、なんだか寸詰まりのような着方になってしまうことが多い。
ここで寒さに打ち勝つことを選んで首元を開けるか、それともなりふり構わず首元までガッチリ閉めるかは人それぞれであるが、マフラーがあるとこうした着方ができる。
29219c3c28818ff039c4dce5e3cf6a425fd18d1a.jpg
コートの前を一番上まで上げて寸詰まり感を出すこともなく、首元を露出することが無いといういいことづくめなのだ。
ということで、私はこのマフラーについては、ファッション性を維持したまま防寒のできる優れた小物であると思っている。

また、スヌードについてはあまり積極的な肯定はできない。ただ流行っているというだけであり、果たして絶対的に見て良いアイテムなのだろうか。何度か本ブログで書いていることであるが、良いアイテムとは、内面もしくは体型を補正しやすくするものである。
当然選ぶスヌードによるのだが、特に大きすぎるものを選ぶ場合にはバランスを著しく損なうことが多いと道行く人のスヌードを見て思う。そこらへんのバランスをわざと崩して可愛く見せるのはどちらかというと女子の専売特許なのではないだろうか。


手袋
第2群の小物に対しては、超積極的なオススメをしていない私であるが、スーツ用の手袋は必ず持っておくべきだと考える。
私服の時はポケットに手を突っ込んでもいいのだが、仕事時にそれは宜しくないためである。
仕事用の作業着と割り切るのであればそこまで高いものでなくても良いだろう。ワゴンに入っているワケの分からないものでもいいと思う。(さすがにスーパーとかのワゴン商品はやめておくべきであるが。)

私服時の手袋については完全に趣味性の高いものとなるだろう。質の高いカッコいいレザーを選んでもいいし、多少カジュアル色の強いものを選んでもいいと思う。これについては本当に好きにすれば良い。

ちなみに、最近はスマホ専用手袋というものがある。スマホは静電容量方式というタッチパネルを採用しており、簡単に言ってしまえば人体であれば電気が流れるからスマホ操作できますよというモノである。
これを解決するために、手袋自体に電気が通るように導電糸というものを編み込まれているようであるのだ。
今買うのであれば、この導電糸に対応しているものを選んだ方が良い。とは一応思うのだが、そもそも手袋をつけている時にスマホ操作するのってすごく大変だと思う。
ということで私はタッチペンをポケットのどこかに入れてそれで操作するようにしている。


マスク
化粧の時間がなかった女子でないのであればマスクはつけなくてよいと思う。
確かにマスクをつけると、驚くほど顔に補正がかかる。
もちろん髪型やTシャツの襟の形状によっても補正は多少かかっており、「補正なんていうまどろっこしい事は下らねぇぜ俺の歌を聴け」とか言うつもりはないのだが、前述した通り落差が大きすぎる。
また、風邪を引いていないのに365日マスクをつけているのはおかしいし、改まった場でマスクをつけっぱなしにはできないわけである。
それこそ、大きな怪我のあとがあるだとかそういう特殊な場合を除いて、「伊達マスク」はやめておこう。
私が学生の頃、就活の時の説明会ですらマスクをつけている就活生がたまーにいた。
彼がどういう人生を今歩んでいるか不明であるが、そこまでして顔の補正をかけたいということであれば下記画像を参照にして移住を考慮に入れた方がいいと思う。
isuramu-josei1.jpg
スポンサーサイト

コメント

ああ

No title

 :
ああ(´・ω・)
非公開コメント

プロフィール

BMW乗っててつれーわ

Author:BMW乗っててつれーわ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。