FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級時計買うなら何を買うべきか、いつ買うか

予告通り更新できない期間が続いてしまった。師走ということで仕事が忙しく、また、様々な場で酒の席もあったためである。
というわけではなく、もちろんスターウォーズを繰り返し見ていたのである。
とはいえ、スターウォーズという作品が「遠い昔、はるかかなたの銀河で」から始めることを考慮すれば、もしかすると我々の住む遥か昔の話である必要がある。銀河についても同一の可能性が高いとされており、いずれスターウォーズ世界の遺跡等が発掘されてもおかしくない。故きを温ね新しきを知る必要があるのだ。
ということで今回は、それなりに期間も空いてしまったのだが高級時計買うならどういったものがいいのかと、買う時期の2つについて話していこうと思う。


高級時計とはいくらぐらいからなのか
前もって言葉の定義から。前置きが長いと散々言われるが、いきなり本題に入ってしまえば語弊は自ずと生じるため、必ず必須項目であると思う。

「お金持ちは100万200万ぐらいの時計を当たり前のようにつけてるからロレックスやオメガなんか安物だよ」と言い、どうにかして高い時計を貶そうとする輩が(主に嫌儲板に)いるが、今回での高級時計の定義は30万から100万の間と考えている。
根拠としては、いつぞやにスウォッチグループが「30万以上を超高級時計と考える」と言っていたニュースを見たような気がする点である。サラッと検索してみたのだが上記発言のソースは見つからながったのだが、スウォッチグループの公式サイトを見てみると4つのレンジによって腕時計が価格帯ごとに分けられている。4つ中の最上級レンジの一番下がオメガであり、上から2つ目のレンジの一番上がロンジンであることから、やはり25~30万ぐらいを1つの境目として考えているようである。

そして上限値を100万として設定しているのは世の中の皆様の経済状態を加味したワケではない。
(当然モノによるのだが)100万円を超えてくる値段帯の時計にはいわゆるドレスウォッチの類が増えてくるため、日常使いにあまり向かない。
最近ではバカな芸能人がここらへんのドレスウォッチをつけてテレビに登場することも増えたが、本来であれば普段は大事にしまっておいてパーティ等の場面で着けるという用途に限定される。
では、パーティに参加するようなお金持ちがどういう時計を普段つけているか。それが100万以下の実用時計なのである。
何を持ってお金持ちというか、ビルゲイツ以外を金持ちで無いと言ってしまえばアレであるが、いわゆる普通のお金持ちというのは100万以下の実用時計を普段使いしているのである。(もちろんこれはメンズに限る場合であり、女であれば宝石をつけるだけで数ランク値段を釣り上げることもできる。また、メンズについても贅沢の限りを尽くそうとすればプラチナ素材の実用時計を使うという手もあるのだが。)お金持ちのフリをしましょう、というオススメではないのだが、お金持ちであっても機能性という面から見れば100万以下の時計が優れているというわけである。
従って、上述した「お金持ちは100万200万ぐらいの時計を当たり前のようにつけてるからロレックスやオメガなんか安物だよ」という意見については100%僻みであると思って良い。

即ち、30万から100万の間の時計こそが現実的に日常使いできるような高級実用時計であると考える。

当然のことであるが、多少の値段の誤差には何の意味もないと付け加えておく。
29万円だからといってゴミなわけではないし、102万円だからといって実用性の乏しいドレスウォッチというわけではない。


コストパフォーマンスの高い時計
ということで目的別にいくつかコスパに優れる時計を紹介。

①時間が分かればいい人向け
2014-12-22_Analog_watch_01-thumbnail2.jpg
100均時計。
試験で使うから、アルバイトで必要だからという理由であればこれで十分。最近は100円均一でもこういったアナログ式の時計があるようである。
どの程度のムーブメントを搭載しているかは不明だが、どうしようもなく時間が狂うということはないだろう。
時計は時間が見れれば良い、こう豪語する人はこれでいいだろう。「俺は時間が分かればいいと思ってるからこれつけてるよ。」と堂々と言える人は恐らく本ブログは見ていないはずであるのだが。

②耐久性を付け加えたい人向け
mig.jpg
imgd1ec6e36zikezj.jpeg
上からチープカシオ1000円ぐらい。
下がGショック5000円程度~。
チープカシオとGショックでどのぐらい耐久性に差があるのかは不明であるが、より雑に使うのであればGショックのほうがいいだろう。差額4000円ぐらいはお好みで。
しかしながら、耐久性を重視といってもこれらの耐久性の高さはあくまで一瞬の衝撃に耐えられるというものであることを覚えておこう。ベルトはモノによるのだろうが、ポリウレタンのものが大半。つまり、5年10年と大事に使い続けられる時計ではない。
これをつけてアサルトライフルを持って突撃する用事がある人にとっては耐久性が物凄く高いと思うが、日本で平凡で生きている時にはタイムリミット付きでのベルトの劣化が待っている。ベルトが劣化した時にわざわざベルトを取り寄せて付け替える人がどのぐらいいるのだろうか。


③スーツにも合わせたい人向け
51SP9jIpo2L.jpg
Amazonでいつも時計上位にランクインしているもの。今日見た時は1900円ぐらいであった。
日付・曜日を備えるシンプルな3針アナログ。仕事用として割り切るのであればこれで十分だろう。
今これを見ている就活生の諸君はこれを買えば良い。親から時計代として貰った1万2万は内定祝いの叙々苑ディナーにでも使ったほうが有意義である。
はっきり言ってこちらのものと1万2万ぐらいするマトモな(マトモに見える)時計において差はほとんどないと思っていい。
わざわざヨドバシカメラに行って大して詳しくない店員に「こっちのモデルですと表面加工が~」とか言われて「あぁじゃあちょっと自分の小遣いからも足してこの27000円の奴のほうが長く使えるかなぁ」と考えないほうがいい。
使える期間、満足度、周りからの評価は1900円のものと何ら変わらない。
そしてこれ以上上を目指すのであれば、「見栄え」という部分を大いに重視したセレクトになるだろう。
敢えて言うが、見栄えを求めるのであれば上述した通り30万を超えるクラスのものを買わないと意味は薄い。

ということで次からは30万以上のものを紹介する。
超有名ドコロばかりであるが、やはり有名ドコロ。ハズレは少ない。
また、オールラウンダー性が評価されて売れているということから分かる通り、割とどんな服どんな場面にも合わせやすい。
④見栄えが欲しい
img_omega.jpg
オメガ・スピードマスタープロフェッショナル。30万ちょっと。
考えるのが面倒な人はこれを買っておけば間違いはない。
オメガというブランド性、月に行ったというストーリー、知名度、ベルト換装することにより様々な場面に対応できるオールラウンダー性、搭載ムーブメント、そして言うまでもなくデザイン性。100均時計の次にコスパに優れているのではないだろうか。
当たり前の話であるが、コストパフォーマンスが良いというのはパフォーマンスから見た場合のコストが安いという話であり、自分の買いやすい値段の中で小マシなものをチョイスすることではない。
もう一度繰り返す。コストパフォーマンスが良いというのはパフォーマンスから見た場合のコストが安いという話であり、自分の買いやすい値段の中で小マシなものをチョイスすることではない。
三度繰り返したいがさすがにやめておこう。
コスパの高さは機械式時計の中では圧倒的であるため、逆に時計板では叩かれる対象ともなっている。(同ランク帯の似たような時計に比べて半額以下であるから。)
しいて言うならば弱点は日付表示が無い点。パソコンの右下にも表示されてはいるのだが、私は結構日付表示を見るので無いとキツいと思う人は多いのではないだろうか。また、クロノグラフということで、秒針はスモールセコンドになってしまっている。ガッツリ機械式時計の秒針の動きの見たい人には向かない上に、いざという時に脈を測る場合にもちょっと使いにくい。
時計どうでもいいという人にこそ適当につけてもらいたい。適当につけるだけで少なくとも腕時計の世界では上位数%に入る。


⑤もっと質感を求めもっと機能性を求める人へ
b55fd7076e6500b69a59d851dd1ca067-e1367133556943.jpg
ロレックスサブマリーナノンデイト。50万
これらのチョイスからお分かりだろうか。特に、腕時計の記事においては変化球を投げる気は全くない。
定番で良いものから無難に選んでおけば良いと思っている。価格・ブランドという点で差別化できているため、似たようなこういうダイバーズウォッチとは質感が全く違う。
ねじ込み式リューズ、逆回転防止ベゼルを開発元であり(ここらへんは諸説ありそうだが)ダイバー
ズウォッチの頂点といえる。
その名の通り普通にダイビングするにも十分なスペックを持っているということもあり、多少の汚れ衝撃等には抜群の耐久性を誇る。また、何度も研磨できるようにわざと研磨のためにケースを分厚くしているようである。これこそが本物の実用時計であろう。
極めて有名なため、中古市場にも弾数が多いようで、そこらへんを研究していけば意外と割安料金でも買うことができるだろう。
中古として売っている時点で、大概の場合には分解洗浄が行われており、服の中古に比べればまだ抵抗感はないだろう。

ちなみにこちらもデイト表示がないのだが、一応デイト表示アリのサブマリーナもある。
rx516_im.jpg
どう感じるかは人それぞれであるが、私はこのサイクロップレンズ好きではない。ザ・ロレックスらしい意匠であるのだがオジン臭い。どうしてもデイト表示が欲しければこちらでもいいと思うが、これにするのであればノンデイトモデルにするべきだと私は思っている。

そして似たような感じのこちらも一応紹介。
rx378_im.jpg
サブマリーナよりもより深い潜水場面を考えられて作られたのがこちらシードゥエラー。
サブマリーナ風のフェイスを踏襲しつつ、サイクロップレンズ無しでデイト表示をつけている。
しかしながら、こちらは飽和潜水を考えているモデルということでありケースがかなり分厚くなってしまっている。
スーツの袖に収まりがいいかは是非試着してみて確かめて頂きたい。



もちろんこれ以外にもオススメはあるのだがわざと有名ドコロから紹介した。
モノによっては何十年もデザインが変わっていないぐらい普遍的なモノもある。
それこそが有名ドコロになっているわけだが、有名ドコロと嫌わずにまずは色々見てみたほうがいいと思う。実際有名ドコロのほうが合わせやすいのだ。


いつ買うか
いつ買うか。割と今こそがいい時期ではないかと思っている。
皆様御存知の予備校教師風に言うならば「今でしょ」と言い切れる。
e5a5ce3a_1359201742851.jpg
↑今でしょ、というフレーズで一躍バラエティに出ずっぱりとなった東進ハイスクール安河内哲也先生。この人にもし会う機会があれば「今でしょ」やってください!とお願いしてみよう。

基本的に腕時計は定価で買わない限り値段は上下する。中古価格や並行で買うならば尚更である。
いつ腕時計の料金が上がるかというとそれは夏であることが多い。防水性の強さに関係なく、やはり半袖の時期に時計が欲しくなるのが人間なのだろう。
ということで2016年(2016年だけではないのだが)夏に買うことは避けたほうが良い。
更に言えば、2017年に消費税が上がるようである。基本的にこういう業界は「消費税前に買いに来る奴が多そうだから消費税上る前にちょっと値上げしても買ってくれるでしょ」という態度で値上げしてくる場合が多い。恐らくこれが2016年秋~冬なのではないかと予想している。

つまり、腕時計買うならば2016年の春頃までが最も安く買えるタイミングとなってしまうのである。だからこそ本記事を書いた部分も大きい。
12月に貰ったボーナスと1月2月3月の給料。これをどこまで使えるかは人それぞれであると思うが、頑張れば50万に届く人もそれなりにいるのではないだろうか。
もしも興味のある人はいきなり買いに行かず数ヶ月間は時計雑誌やネット上での時計情報を眺めて色々知識をつけたほうがいいと思う。デパートに行ってポッと買えるような人は別に好きにしたらいいと思うが、時計の世界は中々奥深い。マニアになる必要はないが、損や後悔のない程度には調べたほうがいいと思う。2ちゃんねるで言うところの「半年ROMれ」である。

最後に、以上のような理由から、少しでも高級時計に興味のある人は色々調べてみたほうがいいと思っている。
仕事後や休日の時間の使い方は人それぞれであると思うが、時間の少なめな人にとっては今からでも情報収集した方がいいだろう。
まさに高級時計を買う準備を始める時期は「今でしょ」である。
maxresdefault.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

今でしょは林先生だと思ってたわ
つれーわ

その知識量に感服しました。
高級時計も高級外車も自分が手を出せる範囲の金額ではないと思っているので興味を持って調べることもありませんでした。

そんな私は某メルマガ勧誘系ファッションブログで謳っていた「父親から譲り受けた形見」である安い機械式時計を使っています。
ちなみに親父は生きてます。

No title

読んでたら欲しくなってきた(´・ω・`)

No title

石井康明:
そんな人は知らねーわ(´・ω・)

筋肉デブさん:
ありがとうございます。
もしかしたら私のほうが若輩者かもしれないのであまり偉そうなことを書くことに躊躇はあるのですが、どんなものでもいきなり諦めずにまずは値段なりを調べてみたほうがいいのかもしれません。
実際に形見でなくとも形見のように見える時計はアリだと思いますよ。アンティークということになると、モノによっては全く安くない上にメンテナンスが大変となってしまいますが。

増本:
買おうや(´・ω・)
とりあえずボーナスは貯金しとこう(´・ω・)
非公開コメント

プロフィール

BMW乗っててつれーわ

Author:BMW乗っててつれーわ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。