FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の身長から考える、どの身長の女を狙えばよいのか ペアーズで調査した結果はこれ

背が高い男は背の高い女にモテるという言説もあれば、
矢口真里のように背が低いにも関わらず背の高い男を欲する女もいる。
男は男で、自身の背の低さを少しでもカモフラージュするために、小さい女ばかりを狙ったりもするイメージがある。

最終的には「そんなの個人差によるだろ」という結論になってしまうのだが、
なんとなく傾向が見えてこないだろうかと思い、
マッチングアプリであるペアーズに実際に登録している女性のデータを使い、
果たして世間的に言われている言説がどの程度信頼性が高いのか調べてみたよという話。

結論から言ってしまうと、男に高身長を望む女はチビかデカの両極端が多い。

調べたやり方
ペアーズで東京・神奈川在住の18~30歳の女性で絞り込みを行ったものをA群、コミュニティ機能の中にある「高身長が好きっ♪」に在籍している中で東京・神奈川在住の18~30歳の女性をB群とした。
そもそも本当に高身長が好きだからといってそれをコミュニティでわざわざ紹介するのはあまり賢くない気がするのだが。
A群B群それぞれで39人のプロフィールを開き(ちなみにn=39にしたのは途中で面倒になったからやで~)身長欄の内容を書き記した。
その後F検定とt検定を行った。

資料
①ちゃんとシコシコEXCELに書いていったよというもの
キャプチャ1 

②F検定
キャプチャ2 
黄色く塗っている部分が0.05よりも小さかったらA群B群で散らばり具合に差がありますよということが言える。
もちろんB群の方が散らばり具合が大きいということなので、高身長女から低身長女までバラバラになっている。逆に言えばA群はB群に比べて平均身長前後の女が多いということ。

③t検定
キャプチャ3
これについても黄色く塗ってあるところが0.05よりも小さければ差があるということになるが、今回は差はないという計算結果になった。
平均では1センチの差があるのでnの数を大きくすれば自ずと有意差が出る気がするが、現実の恋愛で利用するには現実的でないと思う。

④数字で見せられても分からんという人のために
キャプチャ
グラフにしてみたので直感的な人は参考にしてほしい。
青いA群と比べ、オレンジ色のB群の方が(やや)激しい波を描いていることが理解できると思う。
これが散らばりである。

このデータを見てどう生きるべきか
「高身長が好きっ♪」の高身長の定義が非常に曖昧なので何センチとは言えないのだが、身長に自信のない人は小さい女・大きい女にはなるべく突っ込まない方が良いだろう。
幸いにも身長は正規分布の形をされているので、平均値付近の女が一番多い。
チビだからといってコンプレックスに感じて自分より小さい女を狙いまくったり、逆に遺伝子を補完するために大きい女を狙うのは分が悪いということが明らかになった。
逆に背の高い男は、小さい女・大きい女を優先的に狙うことができれば、多少の容姿や収入などのハンディは覆せる可能性がある。
スポンサーサイト

男の25%がモテ、75%が非モテで一部の男に女が集中しているらしいという話

はじめに

今までブログ書いてなかったのも気まぐれであり、今後継続的に書くのかも約束はできないが、
なんJを見ていてなかなか衝撃的な画像(と記事)があったのでそれに対する所感等を書きたい。

問題の画像がこれ

picture_pc_018d6081dc17ca96c966f2ce4a7a0c64.jpg
リクルート、恋愛工学というあまりポジティブでない単語が右下に書いてあるが、これを見て読者諸君はどう思っただろうか。
自分は率直に言えば、まあこんなもんだろうなという感じである。
好みのズレの問題、経済力による逆転、上位25%であっても下位のやつは微妙じゃないか?等などツッコミどころはあるものの、少なくとも私はリアルな今の恋愛模様だと思う。

この画像があった元記事では、インターネットの発達により出会いの幅が増えたり知人間での見栄の張り合いが理由となって、昔よりもモテのラインが大幅に上がってきたと言われている。
その時代のことについては知ったことではないが、お見合い全盛期はDランクのとんでもないやつ以外はとりあえず女を得ることができていたのだろう。

昔は良かった的な話ではなく、なるべくポジショントークにならないように配慮しながらこのデータについて考えていきたい。

気になった記事

女性にとって男性の7割は“一緒に住めない” 婚活市場で成功するための極意とは

これ。
あくまで婚活業界のオバサンが女性向けに投げかけている内容なのでそこまで真剣に読む必要はないが、
このオバサンは(ちゃんとした調査をしたわけではないだろうが)感覚的に「(女性は)男性が10人いたら7人に対しては生活共にするとか厳しいかも、という感じなんですよ」と述べている。

この2つから導き出されるとんでもないこと

別々の人間の書いた記事ではあるものの、非モテ75%・生理的に無理7割ということで結局世間の男の70~75%は第一印象の時点でアウトなんじゃねーかという話である。
リクルートなんちゃらもオバサンも多分ちゃんと調査したわけではなさそうだが、恋愛の土俵に立てるのが3割ぐらい、これは私の感覚とも一致している。
女の主張をこちらが一方的に聞いてやる必要ももちろんないのだが、この事実は認識しておいた方が良いだろう。
昔なつかしラブひなで「好意を伝えられることは誰が相手であっても嬉しい」的なことを鳴瀬川なるが言っていたような気がするがそれは上位3割のみに許された特権だということだ。

男性陣には厳しいが、Bランク以下は全て「生理的に無理」ゾーンである。
そして、Aランクであっても下位の方はあくまでフツメンでしかないと女は思っている、ということなのだろう。

よくインターネット等で「自分はフツメンなのですが~」と書いている人がいる。
実際フツメンなのだろう。顔面偏差値50前後は実際にあると私は信じている。
が、残念ながらそいつは完全に非モテゾーンにいるのだと思う。
たまたま大学時代に仲良くなった女と1人だけ付き合ったことがあるとかザラなんじゃないかなと考える。
物凄く残酷だが、身長170センチ顔面偏差値50大卒正社員というのは(男から見れば間違いなく平均的なスペックだと思うが)女子からすれば「生理的に見れば無理」に入ることが多いわけである。
言い方悪いが「女を選ぶ」立場というよりも「女にありつける」といったところ。

また、Aランクである上位25%についてもだが、特にAランク下位はその他の要素が軒並み高水準でない限り思うような恋愛はできないだろう。
上位25%であれば偏差値でいえば56~57ぐらい。(そもそも顔面って正規分布なのか?)
これが誇れる数値かはちょっと脇に置いておいたとしても、「世の中の平均は確実に超えているな」と感じられる程度ではあるのは事実だ。
それでも女からしたらフツメンなのだ。(下手したら「好みの顔じゃない」とか思われているかもしれない)

Aランク下位がどんなもんかというのが2chで議論されていたが、なるほどその通りだと思ったのがめぞん一刻の五代くん。
漫画で申し訳ないが、なんやかんや言って平均身長超えで顔も女から告白される程度の顔をしている。
とはいえ、顔でちやほや持て囃されることもなく(チャンスはいくつかあったものの)童貞はなんだかよく分からない風俗で捨てている。

そう考えると、女目線で考えるとこんな感じなのかもしれない。
下位75%は論外、上位25%が眼中に入るがそのうちイケメンだと思える(積極的に付き合いたいと思える)のは数%程度なのではないだろうか。
日本がもしも200人の村で男が100人だとしたら5人はイケメン、20人はフツメン、残りの75人は論外なわけだ。


そもそも生理的に無理って何?

生理的に無理という言葉は私が小学生ぐらいに最早あった気がする。
その時代には多分コギャルみたいな連中がJKでそんなようなことを言っていたのもかもしれないが、
まあそんな話はともかくとしてこの言葉が意味することとしては1つしかないと思う。
体の関係が持てるかどうか。なのだと思う。(というかそういう風に聞きました。)
女である以上、妊娠のリスクがあったり、肉棒を突っ込まれる側であるため、女は瞬時に○か✕かを破断しているのだろう。
男、というよりも雄と違い、雌は遺伝子を撒き散らすということができず、一度ショボい雄の子供を妊娠してしまったら次のチャンスが来るまでに1年ぐらい待たないといけない。
あんまりそういう生物学的なあれやこれやを書くのは好きではないのだが、女は本能的に吟味したがる生き物である。(わがままと言える。)

この生理的に無理に関しては、最早本能的な部分が大きいと思うので(というような理由を長々と述べる必要もなく今まで生きてきての感覚として持っていると思うが)多少金を持ったり少々の社会的地位では逆転するのは難しいんじゃないかという言わざるを得ない。
いつか気が向いたら私が参加している婚活パーティーの記事も書こうと思うが、婚活パーティーですらほぼ顔でマッチングの成否が決まっている

じゃあどうすればいいの?

アフィリエイトつけていないからこそ言えるが、難しい人は難しいでしょ。
(そもそもこのブログの趣旨がなんなのかも定かではないが)「これさえすればモテる!」とか「こうやって恋人を作りましょう!」とかそんなことを言えるような材料は何一つなかった。
テクニックや駆け引きが通じる前に女からシャットアウトされてしまう人が少なくない。
諦める人は諦めても良いだろう。

男が可愛い子が好き、巨乳が好き、若い子が好き、と同じで
女に対して文句を言うのは勝手だが、女としても好きでそうなっているわけではないのだろう。

ネットでは昔から「女にモテたければ努力しろ、稼げ、積極的に行け」といったアドバイスが送られるが、特にCランク以下の人の逆転は難しい。
せいぜい後天的な部分で挽回できても1ランクもしくは半ランクぐらいなのではないか。
もちろんZOZOTOWNの社長クラスなら別だが。

努力・行動し続ければどうにかこうにかなる望みは薄く、
限界を超えた努力・行動は徒労に終わるばかりか今の時代だとお巡りを呼ばれかねない。

一応言っておくと、
容姿に難のある人を侮辱することを目的として本記事を書いたつもりはなく、
また、「こうすれば大丈夫!誰でもモテますよ」的な指南をするつもりもない。
厳しいと思ったから厳しいと伝える、これがアフィリエイトのないブログの醍醐味である。

おまけ

婚活パーティーの実際について。
20代が多いパーティーに行くとこんな感じになることが多い。
男10女10の場合マッチングするのは2~4割程度。
婚活パーティーでは年収欄があるものが多く記入しているのだが、男女共にAランクはほぼ確実にマッチングし、Bランク同士がそこそこマッチングするといった程度。
(たまたま顔が良い人に限って年収が高いことが続いたとは思えない。)
基本Cランク以下は男女共にマッチングする率はかなり低いと思ってよい。

ポケモンGOでナンパは現実的なのか +おまけ

はじめに
この土日にそれなりに街を観察していると分かることだが、ポケモンGOをやっている人が物凄くいっぱいいる。
どのぐらいダウンロードされたのかも知らないのだが、若い女であればどんなに低く見積もっても4割ぐらいはスマホにインストールしているのではないだろうか。

こういうような外に出るような遊びに関して必ず言われるのが「ナンパ行為」である。
筆者としてはナンパ行為は悪いものではなく、そもそも世の中の男女がなるべく多くの異性の情報を知ることができれば、強いものは強いもの同士で結ばれるという確率が上がると思っているため、もっともっと知らない男女同士で知り合うイベントは作るべきであると思う。(私が恋愛強者であるからこそ言えることだが。)

それはともかくとして、今の時点で既に「ポケモンGO ナンパ」で検索をすればいくつもヒットするぐらい、ポケモンGOでのナンパというのは目ざとい人にはもう浸透してきているのである。
もちろん、こういうナンパの方法はポケモンに限ったものではない。中にはGPSで居場所を読んで、「この性別の人は今あなたの近くから100m以内にいますよ」だとか表示してくれるバリバリの出会いアプリも存在はする。
当然、そんな出会いアプリを使っている女はそうは多くないわけなので、プレイ人口が多くなおかつ外出が必須なポケモンGOがナンパアイテムとして注目を与えているわけである。
やはり、誰しもが持っている(とはいえ日本国民全体の半数ぐらいしかスマホは持っていないらしいが)端末で無料で始められるというのは物凄く敷居が低いわけだ。

私自身、イマイチこのゲームの仕様のような部分が理解できていないのだが、ナンパ目線で見た時のポケモンGOの攻略法を書いていこうと思う。(ちなみにこのブログはアフィリエイトをつけていないので何人見ても私には一銭も入ってこない。)


ガチではやるな しかし情報は得ておこう
一番重要なのがこれ。
読者諸君がどの程度空き時間のある人間であるのか不明だが、ポケモンをいっぱい持っていればナンパの成功率が上がるわけではないということは身にしみておこう。
(いずれアップデートにて交換の要素が実装されるという噂もあるが)少なくとも今の時点においてはめちゃくちゃレアなポケモンを持っていても「あっそふーん」としかならないのである。
もっと言えば、少々レアなポケモンを下手に持ってしまうと「え!○○持ってるの?どの辺で出た??」というトークは使えなくなるのである。
だからこそ、ガチでやりたければ別アカウントでも作って好きにやりこんでも構わないが、ナンパ時にはほどほどレベルにしか進めていないアカウントに切り替えよう。

しかしながら、情報は必要である。
ポケモンGOの仕様、ポケスポットが多く集まっている場所はどこなのか、(既にあるっぽいのだが)ポケモンGOをやっている人の集まる聖地はどこなのか、何がレアポケモンで何がそこら中に出まくるポケモンなのか、というのは調べておくべきであるし、
また最低限151匹のポケモン名を出された時に、名前と見た目を一致しておくようにしておくべきであろう。
もちろんこういった情報については、女との話の内容次第では、知っていても知らないという嘘をつくことも重要であるが。

ちなみに言っておくと私は第四世代前期の乱数調整が出回る前より地道に卵を孵化しており、自力で6Vとかも出したことがある程度にはポケモンをやりこんでいる(自力で4Vメタモンも出したことがあった)のだが、そんなのはナンパ上では一切のアドバンテージにはならない。

当たり前だが普段ナンパできない人が楽にナンパするためのツールではないということはない
あくまでナンパのためのダシでしかなく、ポケモンGOさえやっておけばナンパの難易度が大幅に下がるというものではない。
ポケモン無関係にナンパできることが前提としてあり、成功率を多少あげるためにポケモンGOを使うぐらいの考えでないと「やっぱポケモンって糞だわ」という結論にしかならないであろう。

というのが恐らく一般的な考え方なのであろうが、私はそうでないと思っている。
プレイ人口が圧倒的に多く、今後交換の要素が追加されてくるのだとすれば、必要に迫られて(というのを免罪符として)人にリアルに話しかけないといけない要素が増えるのではないかと思う。
身内同士ではどうしても達成できないことがあれば、「ゴーリキー進化させてください」のように他人を頼るという点も今後は増えてくるのではないかと思っている。

とはいえ何にせよ、今の段階ではそういった要素が無い(少ない)のは事実であるため、やはり個々人のナンパに対する抵抗感やノウハウが結果にモロに反映してしまうのは否めないだろう。

しかしながらメリットとして大きいのは、男と女の人数を特に合わせる必要がないという点。
普通に考えればナンパの時には男と女の数が合っていないといけない(というほどではないにせよ同じのほうが望ましい)のに対し、ポケモンGOという遊びをするだけなのだから男女でどちらが多くても少なくとも何の問題もない。
だからこそ言えるが、私のようなソロプレイヤーでも二人組の女に声をかけやすい点が最もポジティブなところである。。


ちゃんとした格好を普段からしよう
ナンパしよう!と思っている状態の時にはもちろん誰でも(誰でもとはいっていない)マトモなオシャレをすると思うのだが、
ポケモンGOナンパの最大のウリはいつでもチャンスが転がっている点にあると思う。
即ち、飲食店の中でたまたま隣の女がポケモンGOをやってれば即ナンパを開始できるわけだ。

そうなってくるとなるべく普段から、ただ仕事に行くだけの日であったとしても第一印象を良くできるような格好をするのが望ましい。コンビニ1つ行くときも多少はマシな格好を意識したほうがいいだろう。
ヒゲを剃る、髪の毛をセットする、というのは日々の仕事の中においてダルいなと感じるであろうが、いい感じの女が目の前でポケモンGOをやっている時に唇を噛むのを防ぐためだ。

当然のことだが、ポケモンGOナンパのメイン層は女子大生がメインなのだと思う。(ちなみにこれをポケモン風に言うと仮想敵)
女子大生ほど、男の容姿にうるさい年齢もなかなか無く、露骨に手を抜いた格好で声をかけるというのはよっぽど顔が整っている人であっても自殺行為に近いと思う。


ある程度自分を目立たせましょう
ココらへんはポケモン無関係な話であり、純粋なナンパ術となるが、声をかける前に「目の前にポケモンGOやってそうなやつおるな」と女に意識させておくのはナンパ成功率が上がる。
方法としては、(常識の範囲内で)友達と一緒に話しながらポケモンGOをする、というのが一般的であると思うが、私はオタクのくせにオタクの友達皆無なのでそういうことはできない。(ちなみに友人に「一緒にポケモンGO使ったナンパしようぜ」と言うのが嫌な人は普通にナンパ目的であることを隠してポケモンGOやっているだけでも効果はあるだろう。その場合には話しかける初手を打つのが必ず自分になるのが嫌なところだが。)
となれば、下品でないレベルでウォレットチェーンとか鍵を腰からつけてチャラチャラさせる、身長を180以上に伸ばす、(ルックス次第では)ポケモン好きですよとアピールできるような缶バッジや
Tシャツを身につける、であろうか。

ちなみに今日、横浜駅に行ってきたが、すんげーチャラい感じの170センチ前後の一重まぶたボーイズ(金髪なのであと10年でハゲる)がポケスポットの近くでやたら大袈裟な声で「ここコイキングしか出ねーべ」とか言ってアピールしていたが、そんなことをやっても大体の女は引くのがほとんであるのでやめておこう。
183センチでBMWの鍵を腰からつけている私であっても、それをすることによって女から逆ナンされるとは思えない。


声をかける女の基準
正直言って、どんなベテランナンパ師であったとしても「絶対にイケる女」も「絶対に無理な女」も判別することはできない。
つまり、結局のところ、声をかけたい女に声をかけるしかないのである。
赤い服を着てる女はヤラせてくれる、であるとか、スイーツっぽい感じの女はキモオタを露骨に嫌う、とか色々疑似科学的な噂はあるのだがそういうのは一切捨て、まずは自分が話しかけたい女に話しかけるしかない。(とはいえ、ナンパの目的として本気で付き合うのか、セックスだけするのか、場合によってはその子を通じて別の可愛い子を紹介してもらうのか、といったテーマは先に設定しておいたほうが良いだろう。)

ただし、至極まっとうな理屈としてポケモンGOをプレイしていない女に話しかけても「はぁ?」となりってしまうことを考えれば、
話しかける前にスマホを後ろから覗き見してポケモンGOの画面になっているか確認すべきである。
こういった場合、画面の小さいiPhone5シリーズよりも、iPhone6(もちろんプラスが一番確認しやすい)のほうが判別はしやすいのは言うまでもない。


ポイントはどこが良いか
散々世間的に言われていることであるが、ポケストップが集まるところには当然ポケモンGOプレイヤーは集まりやすい。
これについてはナンパのポイントとほとんど一緒で、若い女が集まるところであればまずはトライしつつ、断られた女がどこに行く途中なのかについて観察をしていったほうが良い。
どんなにルックスが好みの男であったとしても(本物の芸能人は除く)、急いでいる時用事がある時にはナンパには応じるわけがないので、ポケストップさえ多ければそこがナンパスポットになるというほど単純な話ではない。

また、どういった方法で話しかけるかにもよるのだが、電車の中でのナンパはあまり良くないと思う。
なぜかというと電車の速度はそれなりに速いため、「この辺でレアなポケモン出ましたか?」とかの話しかけ方をしたところでもうそのエリアを通りすぎている可能性も高く、また、ゲームの仕様上、電車に乗っている時には効率よくポケモンがゲットできるため、本気でやっている人にとっては話しかけられて時間を奪われるのは邪魔なわけである。


話しかけ方
これについては様々あると思うし、いくつか正解に近いと思うものがあると思うが、
基本的には同性の友達に話しかけるのと同じような言葉、テンションで良いと思う。
「ポケモンGOやってんの?」とかでもいいし「レアなポケモンいますか?」とかでもいい。ほどほどにレアでほどほどに人気のありそうなポケモンの名前を出して「○○持ってないっすか?」でもいいだろう。特に、ゲームの仕様上、近くにいるポケモンというのが9種類ぐらい表示されるわけなのだが、その中で1種類でも(ちょっとでも構わないので)レアなポケモンがいればそれはチャンスとなる。
変に「あのーお忙しいところ、大変恐縮なのですが」とかそういう変な前置きは最悪である。

亜流として「あっちにレアポケモンいたよ!案内するよ」とかやってもいいとも思うが、ここらへんは嘘の場合には結構不信感を持たれたりもするので一か八かに近いトークとなる。
これ以外にも、「スマホの電池切れそうなんでお金払うからモバイルバッテリー5分だけ使わせてくれないっすか?」とか多々あるわけなのだが、ここらへんについては通常のナンパとそう変わらないだろう。


将来展望
将来的に交換の要素が追加されるのであれば願ったり叶ったりである。
基本的に女は遺伝子単位で闘争を嫌うため、なるべくであれば対戦という路線でなく、交換・収集・コミュニケーションという分野に舵を切って頂きたいと思う。

とはいえ、所詮ポケモンという1ゲームでしかなく、㈱ポケサイドとしてはポケモンサン&ムーンのための宣伝という側面も大いにあるのだろう。
やはりナンパしようと思うのであれば、まさに「今でしょ」なのであり8月後半ぐらいには若い女があまりプレイしていないことも十分ありうる。

個人的にはこのアプリ(別にポケモンである必要もないんだけど)が末永く流行り、みんなが年単位でプレイし続けるぐらい大流行してくれれば、
車を持っているというのが明確なアドバンテージとなりうると思っている(もしくは車を使わずにポケモンGO自体に課金できる経済力があれば)ので是非とも流行っていただきたいと思う。

そして最終的にはポケモンGOの聖地みたいなところが、各都市ごとにチョロチョロできれば、
その該当スポットに行けばそこが実質的なオフ会場のようなものにもなりえ、平日仕事のサラリーマンにおいても若い女と知り合う機会が断然増えるだろう。
これこそが地の利などという卑怯な手に影響を受けにくく、恋愛強者が常にメリットを得続ける素晴らしい恋愛格差社会の完成となる。



おまけ
全然関係ない余談であるが、女とエロ絡みなので一応サッと書いておく。
Amazonで見つけた以下の商品。
81ynmfO.jpg スマホ(AndroidでもiPhoneでも使えるらしいけど)に接続することによって、サーモグラフィーの画像を撮影することができる。
サーモグラフィーって何?という人はあまりいないだろうが、サーモグラフィーって何に使うと思った人は下記画像を見て頂きたい。
20100406220910.jpg
 こういった形で、温度差による違いができるために、脂肪の塊である乳房と、乳首では色が違って見えるのである。
これについてフェチを感じられるタイプがどれほどいるのか、また乳の形・大きさがどの程度鮮明に確認できるのかについては全くの無知であるのだが、
特に寒い時期にこれを使って女を撮りまくっていたらそれなりに楽しい気がする。
(とはいえ、いずれこの手法が一般化してきたら、これもこれで迷惑防止条例違反になりそうではあるのだが。)
値段は実売35,000円と決して安くないのだが、家の空調とかそういうのを気にする冷え性な人はもしも何かのきっかけで臨時収入を得た時にはこれの購入を検討してもいいのかもしれない。
もちろんこの話題は、女性のプライバシーを侵害する輩から女性を守るために注意喚起として書いている。

バレンタインってどうするよという話

pht_romantic_02b.jpg

今年のバレンタインは日曜日。
しかしながら、ホワイトデーは月曜日。
2016年の日程はこうなっている。

当然、このバレンタインホワイトデー自体が電通の策略であることは疑いようもないわけだが、完全スルーというわけにはいかないという人が多いのではないだろうか。

7~8年ぐらい前には「逆チョコ」とかいう意味の分からない制度を作ろうと画策したようであるが、それは当然流行らなかった。
が、私は無意味にやった。
女ウケは良かったけど男からは基地外扱いされたことは言うまでもない。

今年の流行りはバレンタインに男から女に花を贈りましょうというものがあるようである。
一応調べてみるとイギリスのバレンタインの基本的な風習らしい。恵方巻きとかいうゴミ文化とは一応違うようである。
これどうなんだろうか。
冷静に考えたらバレンタインで出費してホワイトデーでも出費する。
まあ経済を回しているといえば回しているのかもしれないが、明らかに男が不利であると思う。

しかしながら、今年はバレンタインのみが休日という人も多いのではないだろうか。
ホワイトデーに会えないような人であれば、敢えてバレンタインに花を贈るのもいいかもしれない。

なによりも冬の時期であれば、車のトランクに入れっぱなしにしておいても花が一瞬でダメになるということはなくなるのだ。

利尿剤は現実的なのだろうか

AVやエロ漫画では、都合のいいアイテムとして利尿剤が出てくる。
シチュエーションこそ異なるが、飲み物等に入れて女性に気付かれないように飲ませ、モジモジしたり失禁をしてしまったりの様子を見て劣情を感じる人も多いのではないだろうか。
他人の飲み物へと異物を混入すること自体がどう考えても犯罪であり、利尿剤はドラッグストアで買えないということもあり、どちらかというとファンタジーなアイテムとして認識されてきたように思う。

しかし、それをやって捕まったバカモノが現実に出たのである。
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%88%A9%E5%BD%A6
読めば読むほど計画的だし、なかなか緻密だと思う。後部座席側に向けたドラレコで撮影するという手法も理にかなっている。
もうちょっと欲望を抑え、おしっこ我慢を観察する程度で留めておけば犯行が明るみに出ることは無かったではないだろうか。
つくづく男というのは馬鹿な生き物である。

このブログは一切の犯罪を示唆したり幇助するブログではないのだが、この犯行に使われたフロセミドについて調べてみた。
フロセミドとは主に高血圧症に対して使われることの多い薬らしく、肝臓や腎臓に働きかけることにより、血圧を下げる薬のようである。
特に腎臓に働きかけることにより数時間程度激しい尿意を感じるらしい。
フロセミドが入っている薬を検索してみるとラシックスというものが見つかる。
他にも似たような薬がおそらくあるのだろうが、若干の作用機序が違うだけで基本的には似たようなものであるはずだ。
西容疑者の発言通り、確かにインターネットで普通に通販されている。しかもジェネリックがあるようで単価はかなり安い。(1箱1000円未満)

ただし、水に溶けないという性質があるらしく錠剤を粉末にしても常温の水には溶かせないのである。
だから西容疑者はクラッカーに混ぜるという少し遠回りな手を使ったのだろう。(水に溶けるのならば適当なコーヒーの缶にでも仕込んだほうが飲ませやすいからだ)
錠剤を粉末状にするのは専用のものが売っており、入手も簡単でアマゾンでも1000円ぐらいである。
410zxWEwu-L.jpg
クラッカーにつけるのは苦肉の策だったのだろうが、このへんはちょっとお粗末だと思う。
もしも私がやるならば日本茶や紅茶などの温かい飲み物に入れて出す。それであればある程度溶けるからである。とはいえ、温かい飲み物がある時点で基本的には家の中なのでトイレが使えないという状況はありえないのだが。

また、被害者女性が唇に刺激を感じた、と証言している通り本人に全く気付かれないように飲ませるのも難易度が高い。
薬剤師ではないので詳しいことは分からないが、それなりに強い薬であると思う。副作用もいくつかあるようだし本人に一切悟られることなくお漏らしにまで導くのにはどうしても違和感の除去が必須になるだろう。
また、AVやエロ漫画と違い、効果は何時間も続く。一回お漏らしをした後も薬の効果がある間は大量に尿が生成され続ける。
明らかに異常な状態であると本人も思うはずだ。

ちなみに容疑は暴行と監禁にあたるらしい。
監禁は確かにそうだと思うが暴行は少し意外である。どちらかというと傷害のほうが腑に落ちるような気がする。
膀胱だけに暴行なのだろうか。

ということで個人的にはファンタジーではないのだろうけど、現実的に使えるものではないと思う。
コストがあまりかからないだけに確かに手は出しやすいのかもしれないが、うまくいかなかった場合悲惨なことになる。(うまくいっても女の子が悲惨になるのだが)
うまくいっても女の子側に不信感を残すことになるのは間違いない。

実際にはバレることなく利尿剤を使って己の変態願望を満たしている男子がこの世の中にいるのかもしれない。不審に思っても、特に知り合いであれば警察に言わないような女子も多いはずだ。
そして、この事件を受けて利尿剤には処方箋を必須にしようということにはならないだろう。
今回は利尿剤が使われたが利尿作用の強いお茶やコーヒーを提供して長時間車で連れ回せば結果的には同じことになるからだ。
そもそも下剤が一般販売されているこの世の中で規制してもムダである。より悲惨な事件が増えるだけだ。

完全犯罪は絶対に成し遂げられないというが、このやり方でもどんなに完璧にやってもリスクはあると思う。女性の体内にはフロセミドが少なからず残るし、副作用も弱くはない薬である。どこかで足がつけば純然たる犯罪者にジョブチェンジしてしまう。イタズラ的な側面が強いものの、言い訳の余地などなく犯罪である。
女性のお漏らしが好きな諸君は薬に頼ることなく、己の叡智を結集しリーガルな方法で女性のお漏らしというゴールを目指してほしい。トイレの混雑状況や女性の膀胱の状態を常に気にし続け、やましい事なくお漏らしをさせたその時こそ、最大限の性的興奮が得られるはずだ。

プロフィール

BMW乗っててつれーわ

Author:BMW乗っててつれーわ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。