FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8割の女性からいいね(好印象)を貰える男による婚活パーティーの持ち物・トーク・メモの取り方を伝授しましょうという話

はじめに断っておくと、
8割の女性からいいね(好印象)がとれているのはこれから語る種々の努力によるものであるかといえば結構微妙で、
正直なところあくまで私の生まれ持った容姿であったり社交性の高さであったりする部分が大きいとは思う。
とはいえ、元々優れてる男でさえもこんな感じで気を使ってますよ的な感じで読んでもらうと、読者諸兄にも何かしらの気付きがあるかもしれないという話。

ちなみに、婚活パーティーにおいて一番重要なのが、
どの婚活パーティーに参加するかということだと思っているのだが、
ベストな婚活パーティーを選ぶにあたっての配慮事項がかなり多く、
文章力が嵩増ししてしまうことが分かってるので今回は割愛。

ちなみにあくまで回転寿司形式で考えており、回転寿司形式の婚活パーティーってなんぞやって人は個人でヤフって欲しい。(※Yahooで検索すること)

持ち物編
持ち物に関して大前提となるのは、本当は荷物を減らすのがベストということである。
どこが主催かにもよるのだが、回転寿司形式の場合はほぼほぼ男が移動するため、(従って女は座ったままなので体型を隠しやすいにも関わらず男は背の高さも含めてスタイルもチェックされやるい)
大荷物を持って移動するのは明らかにスマートではない。

もちろん会場によって、コートやカバンを置けるスペースがあったりもするのだが、
それはそれで盗難紛失のリスクにも直結することを考えると、
やはり、荷物の量と必要性のバランスは各自考えていった方が良いだろう。

ということで自分が持って行ってるものを重要度順に書き出した。

①財布
参加料事前払いのものとそうでないものがあるのだが、
どちらの場合も当たり前のこととして財布は必須。
カップリング後にご飯に行くことも考えれば多少現金で多めに持っていくのが無難。
本人確認の時に必要なので本人確認書類も入れておく必要があるが、
まあここらへんについてはわざわざ、という感じである。

②スマホ
当たり前のことだがLINEの交換等色々使う。
LINEを交換する際には、QRコードを使うことが多くスマホの画面を相手に見せることになるため、
(これはこれでかなり面倒なのだが)予めLINEや出会いアプリ等の危険なものの通知は切っておきたい。
話しながらなにかの検索を行うこともあるため、ブラウザを開いた時にエロ画像が突然表示されたり、syamuさんの面白動画が出るのは避けたいので、会場に入る前にブラウザは全消ししておいた方が無難である。
スマホの画面は見られるという前提の元に、萌キャラや画面がバキバキに割れていたり、というのは日頃から改めておいた方が良い。

③筆記用具
主催側からボールペンを持ってくるように指示がある場合もあるが、
それがなくともボールペンとメモ帳ぐらいはあると便利である。
メモ帳については最悪レシートの裏とかでも良いと思うが、
ボールペンは個人的には何色か使えるボールペンの方が望ましいと思っている。
理由として、いいね(好印象)が還ってきた時に、
自分からいいねを出した相手を赤で囲み、相手からいいねをしてきた女を青にするなど、
まあ色々と色分けしておくと便利だからである。

④美容グッズ
あまり髪質が良いとは言えない私としては、なるべく髪の毛を現地についてからトイレでもう一度セットするようにしている。
一応私の名誉のために言っておくと、薄いのではなくむしろ逆で髪の毛が元気すぎて狙ったセットにするのが難しいのである。
幕之内一歩っぽい髪質といえば分かりやすいだろうか。
そんなわけで、私の場合ワックスは必須である。
また、料理が出る形式の婚活パーティーもあるため、歯間に食べかすが挟まっていないかの確認をするため、
歯ブラシも持って行ったほうがいいと思われる。
もちろんその場合、歯磨き粉は不要なので、小さく収納できる歯ブラシで十分だろう。
他にも肌が汚ければコンシーラー、ヒゲが濃ければ髭剃りなど必要なものを持っていけば良い。
※婚活パーティーの会場は栄えている駅の近くでやることが多く、家電量販店や東急ハンズに行けば試供用の髭剃りやワックスが実は使えてしまうこともあるが、絶対にあるものではないのでこの裏技は自己責任で。

⑤スマホの充電グッズ
その日の行動次第では持っていたほうが良い。
女の大半がiPhoneなのでモバイルバッテリーとライトニングケーブルさえ持っていれば、
充電がヤバい女に充電グッズを貸して恩を売ることはできるが、
私の場合なぜかそういったものを貸した女とその後うまくいっていないというジンクスがあるので、
(あくまで私は)自分で使う可能性がある場合のみ持っていくようにしている。

トーク
トークの内容について一番重要なことを先に言っておくと、
話の内容が肝心なのではなく女からの目線として言葉のキャッチボールがしっかりとできているかが全てだということ。
こんなことは婚活パーティーに参加せずとも共通認識として持っていてもらいたいが、やはりこの認識の有無によって成果は結構変わる。(かもしれない。)

例えば趣味を聞かれた場合に、
仮に本当に自分の趣味が禅を組むことだとしても、
それを相手に伝えたところで言葉のキャッチボールが高いだろうか?という視点は必ず持つべきである。
というか私も会話の相手が禅が趣味だと言われても正直返答に困る。特に女であれば尚更だろう。
ということで、100%真実に基づいた受け答えを行う必要はなく、むしろ、こういう受け答えをしたら相手が返答しやすいだろうという視点で会話をしていった方が良い。

困ったときには会話のかきくけこというものがあるので、
私に言わせればこんなの当たり前だろ的な暴言は決してブログに書かずに心にしまっておくが、
パーティー開始前に一回確認しておくと会話で困ることが減るかもしれない。
「か」…家族/家庭
「き」…郷里(出身地・出身校)
「く」…グルメ
「け」…健康
「こ」…娯楽

あとは、婚活パーティー独特の質問として、
「今日はお一人ですか?お友達といらっしゃいましたか?」というのは都度確認する癖をつけた方が良い。
これは会話のネタ作りというよりも、婚活パーティーというのは特に女は友達と参加するパターンがままあり、
その友達の存在が厄介になることが非常に多い。
例えばの話だが、小池栄子とMEGUMIが友達で来ていたとしよう。(なぜ古臭いグラビアアイドルを例に出したのか、石原さとみや新垣結衣ではなぜダメだったのか、私にも分からない。)
回転寿司形式のやり方にもよるのだが、その2人が友達である場合かなり動き方に制限がかかってくるのはなんとなく全部を言わなくても伝わるだろう。
小池栄子にだけガンガンいってもMEGUMIの反感を買うだけだし、小池栄子とMEGUMIの両方にアプローチしまくっても後々友達同士で報告が必ずあるので不信感を与える。
また、小池栄子とMEGUMIが婚活パーティーの最中で意思疎通できなかった場合に、自分ひとりをドラフト1位指名競合してくることがあり、それは極力避けた方が良いだろう。
私の場合、それが理由で全然何も悪いことをしていないのに小池栄子からもマッチング後に連絡が来なくなったことが一度や二度ではない。モテすぎてつれーわ(´・ω・)
ということで、会話の中で誰と誰が友達として来ているのかを確認するのは必須だろう。
※応用編として、小池栄子の好きなタイプを探るためにMEGUMIにMEGUMIの好きな男性のタイプを聞く、というのは割とアリだと思う。可愛い子の友達は可愛い子というパターンが成立するとはあまり思っていないが(逆も然り)、友達同士で男の好みが一致していることは非常に多いからだ。

メモの取り方
婚活パーティーにおいてメモを取る時間は著しく短い。
メモを取る時間など、誇張抜きで数秒レベルであることが大半で、
次々と新しい女と会話をしていくことが求められる。
その上で、そんな頼りないメモを頼りに告白タイムで相手を指名しないといけないので、
メモの取り方はかなり大事。
そのため、本当に必要な情報を吟味してメモしていく必要がある。
※2人連続で可愛い女に当たることはまずないので、ブスと当たったときのトークタイムに、前回話していた女の詳しいメモを書くという手もあるが。

私が最終的にメモをするようにした内容が以下の通りである。
①顔レベル
これについては私は12345の5段階で評定するようにしている。
1:2:3:(4+5)がそれぞれ等間隔に並ぶように評価し、(1が悪く5が良い)
2以上の全ての女からいいね(好印象)をとれるようにトークをしている。1からいいねを取らないように立ち回っていることとしては、1の論外女に優しくしすぎると後をつけてきたりということがあったため。
ちなみに4と5は紛れもなく上位25%に入るAランクとして設定しているが、
Aランクの中でも普通のAとSで分かれるのでこういった評価方法としている。
なお、場合によっては3.5というように小数点を交えて評価を行うこともある。

②年齢
③職業
④居住地
この3つについては顔レベルとの兼ね合いで優先度をつけるときに使う場合もあるが、
それ以上に友達同士の関係を掴む時に使う。
友達同士である以上、必ずこの3つのうち1つは被るので誰と誰が友達であるか判断しやすい。

⑤プラス・マイナスポイント
これについては気付いたら書くものとしている。
巨乳や喫煙者など、①~④の中に入っていない項目で気付いたことをメモっておく。

最後に
第二希望以下の女を告白タイムで書くべきかどうかについての考察があったので無断転載しておく。
以下引用。
婚活パーティでの最後のマッチングタイム(カップリングタイム)では一人の人を選ぶわけではなく、第一希望~最大第五希望まで自由に異性を選ぶことができ、その中からマッチング相手が選ばれます。

普通にマッチングしたいだけなら空欄を作らず書けばいいだけですが、もしどうしてもマッチングしたい相手がいたら第一希望以外は書くべきではありません。

今回は婚活パーティの仕組みについてご紹介していきます。

第一希望同士がマッチングできない理由とは?
第一希望同士ならマッチングして当然という先入観がありますが、絶対に2人がマッチングできるとは限りません。

わかりやすくするために例を挙げてみましょう。

A男、B男、a女、b女の4人が婚活パーティに参加したとします。

実際にこんな少人数なパーティなんて開催すらされませんがわかりやすくするために4人を例にしてみましょう。あなたはA男目線で見てください。

■A男の希望

第一希望・・・a女
第二希望・・・b女
■B男の希望

第一希望・・・a女
第二希望・・・無記入
■a女の希望

第一希望・・・A男
第二希望・・・B男
■b女の希望

第一希望・・・A男
第二希望・・・無記入
普通に第一希望優先主義で考えればマッチングするのはA男とa女です。B男とb女は第二希望を書いていないので誰ともマッチング出来ないということになります。

こう考えるとマッチング率は4人中2人なので50%。

しかし実際の婚活パーティというのはマッチング率が重視されます。「このサイトマッチング率高いですよ!!」と謳った方が人が集まりやすいですからね。

マッチング率を重視するのであれば(A男とb女)(B男とa女)がマッチングします。これならマッチング率は100%になりますからね。

カップリング希望用紙に第二希望を書いているので全員の希望は確かに叶っていますがA男とa女はお互い第一希望で選んでいるのにも関わらず第二希望の人とマッチングしてしまっているという悲しい結果になります。

必ずしもこのようなことが行われているとは限りませんが、婚活サイトによっては上記のようにマッチング率を優先するあまり、第一希望がマッチング出来ないこともあるので注意してください。

誰が第一希望か第二希望かは運営側しかわからない情報なので、参加している人は見抜くことがほぼできません。つまり、簡単にマッチング率優先で操作できてしまうというわけです。


ちなみにこれは本当に私の身にもあったことで、
実際に第一希望同士になったにも関わらずマッチングに至らなかったということがあった。
「実際には相手が第一希望にしていなかっただけだろ」ニキが絶対いるであろうことは分かった上で言うが、
第二希望以下を書くことはこういうリスクを孕んでいるということである。
みんなもポケモンゲットじゃぞ~。
スポンサーサイト

30歳おじさんのリアルな恋愛について語る

30の節目でイケる女の年齢層が結構変わる

イメージ通りだと思うが、29と30では世の中の女の見る目も違ってくる。
そもそもこの世界が10進法なだけで29と30には単に1歳分の違いしかなく、28と29のそれと本来的には一緒なはずなのだが、まあそれを主張するためには世界征服とかをしないといけないので30歳なりの恋愛考察をしたい。

やはり、30となると25以下の女からの見る目は厳しくなっているのは否めない。
年を重ねれば重ねるほど、若いというだけで女の容姿に対する評価が甘くなっているのは自ら感じており、(男から見れば)非常に噛み合っていない印象なのだが、
オジサン好きの若すぎる女というのもそれはそれで狂ってるのが少なくないため、バランスを重視するのであれば20代後半の女を重点的に狙っていくのが定石だろう。
20代後半の女であれば、少し年上を狙う女が多いため(結婚への焦りもあるのだろう)30前半男にとって比較的イージーになる。
当たり前だが、単純な年齢だけでなくその個人の容姿やカネなんかも大いに関わるということは言うまでもない。

20代後半の女についての所感は意外と美人がいるし意外と容姿を重視してくる

小見出しで標榜した通りである。
いわゆる世間から見れば「売れ残り」である独身20代後半女であるが、十分に美人はいる。
年を食ったことによる化粧技術の向上なども理由の一つなのだろうが、若い頃から容姿を褒められてきたであろうレベルの女も普通にいる。(だからといって君たちが付き合えるかは別。)
もちろん、そういった女は過去にも何人も男がいたことが多いであろうことは間違いなく、
処女が云々以前に同棲経験などもままあったりすると思っているので、
真の潔癖症は毒雑のぽさんのように相当若いブスを捕まえてきて光源氏計画を実行するしかない。

容姿重視については個人的に意外であったのだが、
私は勝手な印象として女というものは年をとればとるほど男にカネを求めるものだと思っていたが、
女というものは(少なくとも20代後半の時点では)イケメンが大好きであるし、女子中学生と変わらないレベルで福士蒼汰とか竹内涼真とかでで喜んでるわけだ。
ちなみにワイは松坂桃李に似てるって言われるで~。
これに関して、具体的なデータをとっているわけではなくあくまで私の周囲に限定される話なのだが、女子会トークを聞いていてもその傾向は変わらないと思う。
(彼女がいれば自ずと彼女の友人とも会うことになるし、その時に彼女とその友人での女子会トークは必ず展開される。こういうことをキャッチできるためには常態的に彼女がいるようにしておいたほうがやはり良い。)

言ってしまうと、このデータについてはネットの9割以上のクソしょうもない言説よりかは大分アテになるものだと思っており、
なぜならば私は容姿とカネの2つを両立している側の男だからである。
当然ネット上には「男はカネが全て」厨や「結局見た目で決まるよなぁ」厨がいくらでもいるわけだが、果たしてそいつらはもう片方のステータスが並レベルでもあるのだろうかと思う。
だってそりゃそうだって話で、カネ持ってる不細工の世界に顔を重視する女が現れるわけがなく、逆もまた然りでしょと。
ということで、両方を持っている私が生きてきた限りだと、やっぱり顔重視の女が多いという印象なのである。(もちろん無職やフリーターでもいいというわけではなく。)
ただ、私はあくまでも単なるサラリーマンなので、医者とか官僚クラスになったらまた違う世界が見えるのかもしれないが。

20代後半の女が求めるもの

これも年齢的に妥当だと思うが、やはり結婚相手としてのチェックが入ってくる。
(マトモな大人としての)マナーや立ち居振る舞い、落ち着き等もそうであるし、
結婚に向かうにあたってのスピード感・真剣さも求められる。
(後者に関しては、やり捨て前提で付き合う場合にもオーラとして常時出しておく必要があると考えている。)
個人的には結婚・出産後のことを考慮に入れて車があると女からの評価が上がるんじゃないかなーとも思うのだが、
車を持っている側の人生であったし、知り合った女には全て車所持を隠したことはないので、どの程度差がつくのかはわからない。

出会い方について

一応出会い方についてサラッと書こうと思う。
この内容だけで細々とした内容も含めれば相当な文字数になるのだが、「いずれ書きます」とか言ってそのいずれが来たことが一度も無いブログなので先に結論を述べ、もしも関東大震災とかが起きて家から出られなくなったら続きを書こうと思う。
美人は確かにいると書いたが、当たり前のこととして若い層と比べると美人の率は当然減っている。
私は20代前半の女の2割ぐらいは可愛いと思っているが、可愛いと思える20代後半の女は1割程度に減少する。

ということで、よくある3対3の合コンに参加しても確率的には非常に分が悪くなってくる。
(打率2割の打者が3打席立ってヒットが出る確率と、打率1割の打者が同じ条件で勝負する確率は相当違うでしょと。)
自分が20代の頃の合コンのようなノリで行くとレベルの低さに辟易とするだろう。
もちろん、合コンの場合は集まる(集まりそうな)メンツがある程度事前情報として入手できる場合も多いので、好条件の女が来る時に参加するのはアリだ。

婚活系アプリは、準備段階に時間をかけることができれば悪くない。
厳密に言えば平均以上の容姿の男には悪くないと言えるだろうか。
アプリに関してはメジャーなやつだけでも20個ぐらいあるようで、私も色々やってみたが実際にやって意味があると思えたのは以下の3つのみである。
・ペアーズ
・with
・Omiai
これ以外については基本やらなくていいと思う、というかこの3つをローテーションで使っていけば並以上の容姿があれば十分彼女を作っていけるだろう。
準備段階については、爽やかに見える写真を撮るということであるが、変に自分一人で撮った感じにせずに同性の友だちと一緒に撮りに行き、写りの良い写真を使った方が良いと思う。

お見合いパーティーについても最後に語る。
お見合いパーティーは1回参加すると5000円以上とられる上、実際に現地にまで赴かないといけないので婚活系アプリよりも面倒な印象であるが、
上位と下位の人にはオススメできると考えている。
上位の人はそのパーティーに参加した10人の女(パーティーは10対10ぐらいが多い)のうち最も良い女を吟味して捕まえられるし、
下位の人は婚活系アプリだと誰ともマッチングせずに収穫無しということになりかねないからである。
これについてもいずれ詳しい話を長文で書きたいが、まずは結論までに留める。

漫画 僕たちはどう生きるか

前にこのブログでも述べたと思うが、老いはチビデブハゲ不細工に並ぶバッドステータスだと思っている。
在りし日は天と地を動かせし力があったんだけどなぁとか言っても意味がないので、できることからやっていくことが大事なのだと思う。
また、30前半になってくると、容姿に気を使っている人とそうでない人で露骨に差が開いてくるので、せめて容姿に気を使っていると思われるゾーンにいるようにしたい。
容姿のことを丸々捨ててるようなレベルの30前半婚活男もかなりの数で存在する。
結局、戦わんとする気骨と真実を求むる気概を失うべきではない。もちろん、諦めざるを得ない層の人は2ちゃんねるで女叩きなんかをせずにさっさと諦めるべきだが。

日本のハロウィンが盛り上がってる理由の考察

またまた更新ができずにいたが、このブログで主張したいと思っていたことは色々あった。

その色々をリスト化して記事にしようかと思ったがそれはただただ1ターンを無駄に消費するだけだなので、新年に相応しくハロウィンの話題をしようと思う。
一応コメント欄も見てはいるけどちゃんとマトモな返信ができるようになるにはとんでもない時間がかかるかもしれない。

今回の話題のメインとしては、
渋谷の若者が暴れてどうたらこうたら、
田舎者の肉体労働者の汚い軽自動車が倒されてて気分がええわガハハ、
そもそも海外の祭りを日本でやることの是非について、
とかそういう2chで1万回は繰り返されてきたであろう話ではなく、
なぜ昨今のハロウインがクリスマスと並ぶ大型イベントになったのかについて意見を述べたい。
※タイピングが面倒なので今回はクリスマスとクリスマスイブをまとめてクリスマスと呼ぶ。

ハロウィンはクリスマスの代替になりつつある

今回の結論はこれ。
データで見るとここ数年ハロウィンの規模は拡大している一方で、クリスマスは縮小している。
本来ならばどこのどんなデータなのか示さないといけないのだが、色々あってデータ元は伏せさせてもらいたい。
で、その読者諸兄から見れば存在するんだかしないんだか分からないデータから考えると1つの結論が浮かぶ。
それは、全体で見れば日本国民全体として持っている交遊費のパイがクリスマスからハロウィンに流れているということである。
なんとなく特別感のある日を日にちだけ外国からパクってきて日本流にアレンジして好き勝手やるための「枠」が増えたというよりも、水が高いところから低いところに流れるのと同じく移動・変化しつつあり、その受け皿がハロウィンなのだ。

現代のクリスマスの問題点

なぜこんなことになってしまったのか。クリスマスさんサイドから見れば流出と言ってもいい。
選抜にしか出ていない高卒投手を上位で指名し手塩にかけて育て2年連続MVPとなったにも関わらず巨人にかっさわれたようなものだ。
これに対する答えは単純明快誰にでも分かる話で、クリスマスが異性と金の必要な「敷居の高い」祭りだからである。
サラッと調べた感じだとバブルの頃に異性と一緒に高級ディナーを食べ、高級ジュエリーを渡し、高級ホテルに泊まるというのが一般化したらしいが、そんな歴史はどうでもよく明らかに現代では一部の人間以外には要求ハードルが高い。
もちろん現代の若者がディナージュエリーホテルを一流で揃えた上で、超高級外車BMWに乗って異性を迎えに行ってるわけではなく、無理しない程度に楽しんでいるとは思うのだが、それにしたって一個人にかかる負担は小さくないだろう。
更に言えば、ぼっちでクリスマスの街を歩くのは虚しい!という理由で敢えてクリスマスに出歩かず家で一人でご飯を食べるという人もいるらしい。
さすがにそれは自意識過剰だと思うが、それだけクリスマスという日がロマンティックに過ごさなければならないというプレッシャーを感じることの証左だろう。
ゼクシィの有名なコピーである「結婚しなくても幸せになれるこの時代に~」とまで言われてしまう今の時代に、異性が必須な祭りが衰退してくるのはある種必然である。
先に述べた金の要素も関わってくるのだが、本題からズレるので今回は省略。
恋愛格差が大きくなってきていることについては過去語っているのだが、FC2ブログで過去の自分の記事を引用するやり方が分からなかったので自力で探し当ててね。


ハロウィンはクリスマスの問題点を解決している

実際にハロウィンのイベントは、男女ともに同性同士で来ていることが大半である。
あくまでSNSに投稿することを狙って参加しているという雰囲気が強く、彼氏がいる女であっても敢えてその日は彼氏でなく女友達と来ていたりする。
つまり、異性(=恋人)がいなくても(ある程度)誰でも参加できるという敷居の低さがウリなのである。
サラッと触れておくとコスプレだって物凄く凝ったものをしなければクリスマスほど金はかからない。
で、これに関しては、広告代理店の悪いおじさん達による狡猾な戦略であるのは間違いない一方で、やっぱりそれだけ現代人のライフスタイルに合致したお祭りのスタイルを提案できているのだろうと思う。

ただしハロウィンはヤレる場ではない

ハロウィン当日に2chでハロウィンで浮かれる連中を見て笑っていた皆様に朗報を伝えるが、ハロウィンは言うほどエロいことに繋がる場ではない。
前述した通り、友達同士でSNS投稿用の写真を撮りに来てる女が大半を占めるため、男がナンパしても成功率は大して高くないのだ。
至極尤もな話で、女のグループが大人数になればなるほど、女全員の同意が必要となってくるワケで、それこそ1人増える毎に指数関数的に増大すると言って良いからだ。
もちろんハロウィンイベントに参加する男は、女とは真逆で大半があわよくば精神を持っているのだろうが、女が乗り気でない以上、準強姦罪にヘタしたらなっちゃうんじゃないのかな的なやり方じゃない限りその場でヤルのは難しいだろう。
もちろん連絡先を渡して後日連絡が来るのを待つというリーガルなやり方もあるが、それはよっぽど自分の容姿が優れていないと厳しい。
ということで、ハロウィンについては様々な思惑が交錯こそしているが、結局は同性同士で遊ぶお祭りという域を出ない。

同性でできるイベントがどんどん増えていっている

で、ハロウィンをどうして流行らせようと思ったのかについてだが、私個人の見解としてはバレンタインにおける友チョコという好事例を参考にした部分が大きいのではないかと思う。
友チョコとかいうワケの分からない文化がある程度一般化してきたのは2000年代の話らしく、それまでの日本古来(?)のバレンタインとは違い同性同士でのチョコの交換が許されるようになった。
つまり、クラスメートや職場の男に歯牙にもかけられていない女であってもバレンタインというイベントの参加権を得ることができるようになった。
もちろん、これによって経済の流れがより増えたことは言うまでもない。
今回のハロウィンを流行らせようという魂胆にも、異性がいない層にもお金を落としてほしいという狙いがあったのではないかと思っている。

異性と一緒に行動しよう!という風はファッションにも現れており、
特に最近の若い男は男同士でペアルックかのようなお揃いの服を堂々と着ている。
昭和生まれの私にとってはいつまで経ってもキメェとしか思えないが、今後はより一層一般化してくるのかもしれない。

同じ内容の繰り返しとなってしまうが、やはり現代日本では異性を獲得できない層が増えてきているのは間違いなく、異性とのイベント事というのがうまくいかなくなりつつあるのだろう。

漫画 僕たちはどう生きるべきか

これに関してはどうもこうもないし、個人でできることはあまり多くないと思うが、「俺はハロウィンなんて絶対参加しないね!」とかいう変な主義を持つことなく、特に若者は必要に応じて参加してみても良いと思う。
今はまだその段階ではないと思うが、(渋谷の騒ぎまくってる連中は除いて)将来的にハロウィンというイベントが一般化してきた時には、ある程度マトモな異性との出会いの切り口になりうるかもしれないからである。
コスプレが必要であれば、最悪ゾゾスーツを着とけば一切カネをかけることなく非日常的なファッションになるし、そんなもんで十分だと思う。

また、プロポーズとかする予定の人はクリスマスにしないほうがいいのかもしれない。
結婚記念日がクリスマスだと言うと、古くせーとか思われる時代がいずれ来てしまうからだ。
そもそも仮にこういう考察がなかったとしてもわざわざ激混みするクリスマスの日を結婚記念日にするのは馬鹿らしいと思う。
どう考えても(他人にとっては単なる平日となる)誕生日にしたほうが賢い。

手ぬぐいの素晴らしさについて語る

ご存知の通り、基本的に日本製のモノの大半を嫌っている私であるが、それでも好きなものもある。
1位は女、2位は飯、3位はパナソニック。
そして、今回紹介する日本の誇るべき革新的なデバイス手ぬぐいは10位ぐらいに入るかもしれない。
もちろん一番キライな日本製は車である。

読者層が何歳ぐらいなのかも分からないが、人によっては「手ぬぐい?イカれたジジイババアが農作業のときに汗拭くやつだろ」とか思うかもしれないが、
今回はニュートラルな心持ちで読んでもらいたい。

k_2124126_ind.jpg素晴らしいところ①軽い、安い、薄い
軽いのは容易にイメージがつくと思うが、やはり荷物が少しでも軽いというのは大きい。
当然比較対象にもよるのだろうが、同サイズの普通のハンカチと比べて半分ぐらいの重さなのだと思う。

また、安いものを探せば100円~300円程度なのでまあこれを高いと言う人はいないだろう。
上に貼ってある手ぬぐいはmont-bellというアウトドアブランドのモノなので950円するが、
アウトドアブランドだからといって特殊な素材で作られているということはなく綿100なので、
安いものでもそこまで差は出ないと思う。

薄いのはものすごいメリットで、これまた比較対象によるが普通のハンカチの1/4とか1/6ぐらいの薄さである。
上に貼った手ぬぐいは、広げるとスポーツタオル程度の大きさ(100×35cm)となるにも関わらず、
畳むと”ズボン”のポケットに悠々と入る。
無理して入るのではなく、(”ズボン”の形状にもよるのだろうが)外から膨らんで見えたりしない。
ここまで薄いと、ポケットの中にスポーツタオルサイズの大きさが楽々入ってしまう。


素晴らしいところ②意外とちゃんと水を吸う
そこまで薄いと水を吸ってくれないのでは、と思うと思うがこれが驚きでちゃんと水を吸ってくれる。
入浴後に体中が濡れている場合にはある程度拭いたら絞るという手間が必要となるが、
案外適当に絞るだけで吸水力が復活する。
とんでもないデブでない限り2回ぐらい絞りながら体を拭いていけば問題なく1枚の手ぬぐいで拭き取れてしまうのだ。


素晴らしいところ③すぐ乾燥する
ある程度キツく絞ってから乾燥させておくと室内でも1~2時間程度である程度まで乾く。
カラッカラに乾くというほど優秀ではないものの、ちょっと湿ってるという程度まで回復する。
出社中に濡らしてしまっても、乾かしておけば昼ぐらいには乾くのは非常に有り難い。


日々の生活のメリット
普通のタオルと同じように無理なく持ち運べるのが最も優れた点であると思う。
私は割と温泉とかスーパー銭湯とかが好きなのだが、そういうところに行くと基本的にタオルレンタル代がかかるところが大半である。
もちろん車があるのでトランクに積んでおけばいいのかもしれないが、
そんなことをわざわざする必要もなくポケットからサッと取り出せばこれ1枚で風呂に入ることができてしまうのだ。
100%万全な状態とは思わないが、
スポーツタオルの大きさなので腰に巻くことができるので股間も隠せるし、体を洗うこともでき、そして体も拭ける。
これ以上の万能選手はない。


類似商品はどうなの?という話
似たような製品があるのでそれを使った感想。
①水泳用のセームタオル
9982512390254.jpg 
よく水泳部が持っているこういうやつ。
これに関しては結構オススメできない。
理由として、畳んでも全然薄くならない点や乾燥するまでに結構な時間がかかる点、これで髪の毛を拭くのはすげー嫌な感触があるという点である。
あくまで水泳中にサッと水を拭き取る程度の使いみちしかないのだろう。
ちなみに、水泳部の女子は陸に上がっている時に競泳水着の前の部分にこのタオルをエプロンのようにする文化がある。
見方によってはミニスカートに見えなくもなく、それはそれでエロいと私個人は思っているのだが、
いつまで経っても賛同者が現れず結果として画像等が世に出回ることがない!
ソフトエロを愛する人はマジで水泳部に入ろう。

②ファイバータオル
61CDBkQMCN.jpg 
これは用途によっては全然アリ。というか無難さをとるなら手ぬぐいよりもこちらになるかもしれない。
やはりオススメはmont-bell。
ちょいちょいmont-bell製品をこのブログで紹介してると思うので5000円ぐらいの商品券は送ってもらいたい。
これの凄いところはとにかく軽い。また、「あいつおかしなタオル持ってるな」感は出にくいだろうと思う。
私が持っているものは手ぬぐいよりも大きいので、例えば風呂から上がって腰にタオルを巻いていても見苦しい感じになりにくい。
とはいえ、手ぬぐいと比べてしまうと乾くのに結構時間がかかるというのがマイナス。


最後に手ぬぐいの良くないところ
①白は透ける
手ぬぐいの基本カラーは白であることが多く、これで股間を隠すのには向かない。
どの程度隠すのがマナーかは人によると思うが、白色で濡れた手ぬぐいが隠すものとして何の意味もないであろうことはタオル一枚男湯入ってみませんかシリーズを見たことのある人にとっては自明の理だろう。
そんな理由から自分は色の濃い手ぬぐいを選択するようにしている。
実際問題として、ホモは一定数いる。
②端が縫われておらず切りっぱなしになっているので物凄くほつれる
これはウザい。多少頻繁にハサミでほつれた部分を切っていく必要がある。
見た目もあまりよろしくはないのだが、基本人前でハンカチとして使う場合には折り畳まれている状態であり、ほつれを見られることはあまり無いと思っている。
③洗濯すると色落ちする
手ぬぐいの色や染め方にも依ると思うが、洗濯機に入れると他の衣類に色が移ることがある。
私は1日使った手ぬぐいを家の風呂に入る時に一緒に持っていき、体を洗いながら一緒に洗うようにしている。
これをやると洗濯物は減る一方で面倒ではある。
④当たり前だがふわふわはしていない
⑤女の涙を拭くときには向かない
と言いたいところだがそもそも女が泣いたときはティッシュがベストだろう。

プロフィール

BMW乗っててつれーわ

Author:BMW乗っててつれーわ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。